エネルギー栄養学 

「粒子であり、波動でもあるという素粒子の不思議なふるまいは、細胞や人体といったマクロの世界にも適用可能だ」とする量子生物学が進展し、エネルギー医療が社会の認知度を増すと、人体のエネルギー源は食物ではなく波動や光であるという時代がやってきます。

 

さらに、先端的な科学では、人間を含む動物も、植物同様「光からエネルギーをつくり出すことができる」と主張しはじめています。

その先に待っているのは、人類全体がエネルギーを食べる「エネルギー食(不食)」の時代です。

 

バイオフォトンを多く含むフルーツや野菜や花、ナッツやシードは、人体による光の吸収をサポートします。フルータリアンの食事法、ジュースクレンズやファスティングは、そのプロセスにある食事です。

 

エネルギー栄養学 参考文献