メタ・ニュートリション ワークショップ

「私たちの実態は、物質ではなくエネルギー(ヴァイブレーション)である」

 

量子物理学の世界では当たり前のこんな見解を、食や健康に適応するエネルギー栄養学。食べものの本質をカロリーや栄養素ではなく光、つまり純粋なエネルギーと捉えます。

 

究極的な実態は「場」だけであって、別々に見えるものは全て「場」を通じてつながっている・・・そう考える時、緻密に計算し尽されたミクロコスモス(身体)、マクロコスモス(地球環境や宇宙)の大いなる設計者の存在を感じます。

畏敬の念を感じざるを得ない万能の存在。実は、それこそが私たちの実態です。

 

エネルギー栄養学ワークショップでは、フォトン、クロロフィル、第四の水の相といったキーワードから、植物と人間の関係について考察し、グリーンのエネルギーを日常にとり入れるためのヒントをご紹介します。植物には、まだまだ知られざる力がたくさん秘められています。

 

 

★次回開催は7月下旬を予定しています。